キャッシングの申請・融資・審査の特徴について

キャッシングとは金融機関が個人に対して行う小口の融資のことをいいます。 もともとはカードを使って消費者金融や銀行のキャッシュディスペンサーやATMから引き出すカードローン形式が多かったのですが、 最近では電話やインターネットで申し込みを受けて、口座振込みなど多様なサービス形態をとっています。 さてキャッシングの特徴としてあげられるのは、その使途が自由であるということ、銀行ローンよりも金利が高いことなどが挙げられます。 また即日融資を中心としているため、申請から融資までの対応が迅速であるということも特徴としてあげられるのです。 そして基本的にキャッシングは金融機関による本人確認のもと、利用者への信用に基づいて貸し出しが行われるため、 保証人や担保は必要ありません。また貸し出しの前に行われる審査に基づいて、貸し出しの可否、最大貸し出し金額などが決定されるのです。 そして返済に関してはATMや店頭窓口、コンビニエンスストアなどから行えるようになっています。

さてキャッシングをする資格があるのは、18歳または20歳以上で定職を持つ人になります。しかしこの定職には正社員の他、 自営業、アルバイト、定職のある夫を持つ専業主婦なども含まれるため、実際にはほとんどの人がキャッシング前の審査を受けることができることになります。 しかし審査によっては、もちろん借りられないこともあるのです。このように手軽に借りれるため、ついつい手を出しがちですが金利が高いのでくれぐれも注意しましょう。